自己投資物語~働く喜び~

こんにちは。

女性のための「不動産の個人教授」、花咲美樹です。

 

☆本日の一言☆

「働きは最上の喜び、生きがい」

働くことは、

人を喜ばすこと。

報酬は、自らも喜び、

満足すること。

 

 

久しぶりの投稿です。

今年の1月に母にがんが見つかり、介護休業をいただいていました。
コロナの影響もあり実家で介護していましたが、

母は5月に、眠ったまま天国に旅立って行きました。

あっという間の出来事でした。

 

花咲は子供のいない女性や、子育てが終わった女性に向けて、
子供を育てる感覚で、不動産を運営しませんか、

とお伝えしていますが、大家業を薦める理由(ワケ)は

母からの影響があります。

 

85歳で亡くなった母は、人生の半分は専業主婦でした。

母の仕事は、

「家族を幸せにすること、我が子を育てること」でした。

その仕事の報酬は、生きがいだったと思います。

 

なのに、子供の私は、母のことを、うざいと思っていました。

「私の人生は、私のもの」と、反攻していたのです。

母のような専業主婦の人生は嫌だ、と思っていました。

それが、母の仕事だと、気づいていなかったのです。

 

近年オトナになってから分かりました。

母は一生懸命、家族の幸せを願って、

働いてくれていたのです。

家族の喜びは、自分の喜びだったと思います。

私のことを、世界で一番心配してくれていたのは、母でした。

それが、母の仕事だったのですが、私は恩返しは出来ませんでした。

 

私には、子供はいません。

だから母のような「我が子を育てる」という仕事は出来ません。

私の仕事って、なんだろう?

と、自分探しの時期がありました。

子供がいない自分自身に対して、

なんだか人として、半人前の気がしていました…。

この気持ちは、同じような立場の女性には、

分かってもらえるのではないでしょうか。

 

そして、見つけた仕事が、大家業でした。

不動産というものには、同じものは存在しません。

 

自分ならではの仕事、と言える仕事を、

大家業として見つけたのです。

 

基本的には、物件の運営、管理を、自分で行っています。

物件の建物管理というハードの部分だけでなく、

入居者対応というソフトの部分も含めてです。

自主管理といって、

入居募集、入居希望者へ対応、物件の内覧案内、

面接、契約、保証人(親)への挨拶、

入居中のフォロー、退去時の対応等々…。

大家さんとして、一生懸命働いています。

不動産投資=不労収入とは違います…。

 

物件のオーナーは、自分。

万が一何かあれば責任は、大家である私です。

責任が重いぶん、やりがいや楽しみがあります。

 

まずは、住んでいただいている方に、喜んでもらいたい。

そして、自分も喜び、満足感を得たい。

副収入として、家賃(お金)をいただいている。

そんな風に思っていると、大家業も楽しくなります。

 

母が子供を育てたように、私は物件を育てるために働く。

そんな人生、生き方もあるということを、

自分探しをしている女性に、知って欲しいです。

 

「人生に、定年は無い!」

 

大家業に、定年はありません。

いつ辞めるかどうかは、主導権は自分にあります。

体力が無くなったら、管理運営を他人にお願いすることも可能です。

自分に選択肢がある仕事、自由と責任が自分にある仕事は、

かっこいいと思いませんか?

もちろん、それは大家業でなくてもOKです。

 

一度きりの人生、楽しく、働き続けましょう♪

One thought on “自己投資物語~働く喜び~

  1. ひでしま より:

    ご愁傷様でした。
    お悔やみ申し上げます。

    (コメントへの返信は不要です)

ひでしま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です